通信速度はどれが正しい?

posted in: インターネット | 0

インターネット接続サービスのスピードは、年々、速くなっています。
でも、その速度が倍々で上がっているのに、体感できる速度はそれほど速くなっている
感じがないこと、気づいていましたか?

ネット接続サービスのスピードは、タイでも光回線で100Mbpsgaが月額THB1200 で利用できます。
最低料金の月額THB590で、20Mbpsが普通になってきました。

ただ、ここにからくりがあります。

これだけのスピードが実質のスピードであれば、問題なく、十分なスピードで、動画の視聴にも
らくらく。。なはずです。

これらのスピードは、タイ国内の通信業者からルーターまでの回線速度です。
本当の通信速度とは、動画発信のサーバー(たとえば、日本の)から、日本の回線と通過し、
日本とタイの国際回線をとおり、タイ国内の回線をたどって、届いてくれた通信量(秒単位の)の結果です。
これは、通常、数Mbpsです。

タイの回線速度だけを上げても、結果はほとんど上がらないと言えます。
そこで、実質の速度は、日本とのサーバーまでの速度計測が必要で、これが実際に使える速度となります。

USENで確かめられます。 実際の速度は、⇒こちらから

一方、タイだけでの回線速度は、⇒こちらから

インターネット接続プロバイダーは、回線速度のスイードアップで、契約の更新やグレードアップを
宣伝しますが、これにのってしまっている自分にいつもダメ出しをしています。

一度、この2つの速度の意味を、しっかり理解する必要がありますよね。。

ただし、接続の契約によっては、同じ回線を使っている人たちの数と、利用の集中によって
速度が大きく変化することがありますので、契約の変更(アップグレード)で、速度が安定して
動画などをみる条件が大きく改善することもあります。

 

日本のテレビを視聴するような場合には、いちど、お試しで自分の環境での視聴を
確認してみると安心です。

無料視聴サービス